フロアコーティングをしていつまでも綺麗なお家を保つ

インテリア

メンテナンスをする

障子

日本には、障子があるお家がたくさんあります。障子は、部屋と部屋の仕切りとして使われていたり、ふすまとして使われていたりします。ガラスがはめ込まれているタイプの障子もありますが、障子の枠に専用の紙などを用いているタイプのものもあります。紙タイプの障子は、汚れが落ちにくく、破れたりすることがありますので、定期的に張り替える必要があります。特に、小さなお子さんがいる家庭では、落書きやわざと指で穴を開けたりなどといったイタズラをする事があるので、直ぐにダメになってしまいます。障子の紙は一枚の紙なので、張替えをする時には古くなった紙を一度剥がしてから、新しい紙を張る必要がありますので、時間とコツがいる作業です。そんな面倒な作業を何枚分もするのは大変だという人は、専門の業者に頼むことが出来ます。

障子張り替え業者に頼めば、元々使っていたタイプの紙以外にも様々な種類の紙にすることが可能です。最近では、プラスチック製の障子紙もあります。プラスチック製のものは、従来の障子紙とは比べてとても丈夫ですし、見た目も気にならないので、小さなお子さんがいる家庭で多く選ばれています。また、障子以外にも畳やふすまの張替えも取り扱っている業者もありますので、障子の張替えの時にまとめて一緒に頼む事も可能です。普段頻繁に使う障子ですが、メンテナンスするのを忘れてしまいがちです。年末の大掃除などになると張替え業者への需要も多くなる事も考えられますので、早めに問い合わせておくと良いでしょう。